Trypillian godess(SOLD)

地母神(紀元前4000-3500年 ウクライナ)

Size: H13 cm

紀元前5500-2750年頃にルーマニア、モルドバ、ウクライナの地域で栄えた
新石器時代トリピリア文明(ククテニ、トリポリアとも呼ばれる)の地母神。
模様が描かれた彩色土器や土偶が遺されています。

やはり何と言っても、地母神といえばお尻の形でしょう。
この像では腰幅は大きくないものの、お尻が綺麗につり上がっています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s