icon(SOLD)

イコン(19世紀ロシア)

Size: H35 W31 D2 cm

三本手の生神女。
幼いイエスを抱くマリアには手が三本あり、癒しのイコンとして信仰されてきたものです。
金箔や明るい色が使われており、大変高価なものだったのではないかと想像されます。

8世紀ごろ東方正教による聖像破壊運動(イコノスクラム)が横行した時代に
イコン擁護者であったイオアン(後の聖人)が手を切り落とされました。
しかし聖母のイコンに祈りを捧げたところなんと切られた手が再生してきたため、
感謝の印として自身の手の銀製レプリカをそのイコンに加えたことが構図のきっかけとされています。

時間を感じさせながらも必要な部分がしっかり残っている風化具合。
人々の信仰の奇跡とも言うべき業でしょうか。
灯したロウソクにより下部が少し焦げています。

イコンケース(別売:33,000yen)
fullsizerender-27

自然光下での撮影⇩
fullsizerender-22 fullsizerender-23 fullsizerender-18

fullsizerender-26 fullsizerender-19 fullsizerender-21

fullsizerender-25 fullsizerender-17

白熱球下での撮影⇩
img_4461 fullsizerender-20 fullsizerender-16

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s