gorgonion(SOLD)

冥銭(紀元前3-2世紀コーカサス)

テラコッタに金箔が施されたゴルゴン(メデューサ)の冥銭。
スキタイ本来の風習ではないので、ギリシャ人から影響を受けて伝わったものと考えられます。
冥界の川ステュクスの渡し守カローンへの船賃として、死者の目の上に乗せて埋葬されていました。
スキタイの中にも死後の世界への畏怖は存在し、
死後の魂が迷うことなくハデスの治める冥界に行けるようにという願望を持つ者もいたのでしょう。
ゴルゴンは古代ギリシャ人によってもたらされたモチーフとしてスキタイの遺物にも見られますが、
古代ギリシャ人の風習では1オボロス銀貨を死者の口に入れて船賃としていたそうです。
地中のテラコッタに金箔が残っているというだけでも大変希少なものです。

ただしこれは一つの説で、ボタンであるという解釈が一般的なようです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s