Russian antique print(SOLD)

版画(19世紀ロシア)

Size: H 44 W 36.3 cm 四つ切り額装
天使のリトルギア(典礼)。
典礼というのは神と人への奉仕であるキリスト教会の行為、儀式一般のことだそうです。
熾天使(6枚羽の最上の天使)セラフィムやその他の天使が中央のイエスと精霊(鳩)と父なる神を取り囲んでいます。
器にいるのもまた幼子イエス。その下には、

全ての死者の肉を沈黙させたまえ
そして恐怖と震えで立たせたまえ

という古代の聖歌が書かれています。
もともとギリシア語のヘルヴィムの歌(聖体礼儀の祈祷文・聖歌)として作られたそうです。
調べてみると、彼のチャイコフスキーも作曲していたそうです。

やはり宗教と西洋音楽は切り離せないところにあるようです。
神への捧げ物として音楽を作るからこそ、後世に残る超人的な存在として残るのかも知れません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s