Silver Tetracrachm of Alexander the Great

ご注文・お問合せはこちら

Tetradrachm of Alexander the Great(336-323 BC)

Price: 個展「神 ひと ケモノ」にて販売

表面は獅子の毛皮を被ったヘラクレス(アレクサンダー大王)、
裏側は玉座に座り自らの聖鳥である鷲を手に載せたゼウス。
ΑΛΕΞΑΝΔΡΟY(アレクサンドロスの)の銘。

このアレクサンドロスIII世のテトラドラクマはアテネのフクロウドラクマとともに、古代コインの筆頭。
数多く発行されているため、専門的に見ればそれほど希少性が高いコインではないのですが、今回特筆するべきはその状態。

こんなものを自分で見つけられるとは思ってもいませんでしたが、AUグレード相当(準未使用品)。
獅子の毛の部分などの細かさを見れば違いはよくわかるのですが、普通は細かい線は磨耗して残っていないのが一般的です。

なお、このコインはかなり網羅的に研究されていますが、その図像パターンは3000以上が見つかっています。
打刻の角度や中央からのずれなども生じるので、出会う全てのコインに個性があります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s