Roman gold earrings

イヤリング(紀元前2-2世紀 ギリシア/ローマ)

有翼の神エロス(クピードー/キューピッド)を象った金製イヤリング。ぶどうのような襷をかけています。ヘレニズム期にエロスのイヤリングはたくさん作られ、ローマ期に入っても作られていました。
こちらは後期ヘレニズムのものと思われます。ガーネットや金のワイヤをねじったフープになっているものが博物館には多く見られます。

フープが閉じているのでイヤリングとして使うには別のパーツをつける必要があります。
思い切って指輪にしても良いかもしれません。

price: ask

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s