Astragaloi(SOLD)

青銅のアストラガロイ(紀元前5世紀-後3世紀 ギリシアもしくはローマ)

Size: H 3.2 cm

アストラガルス(単)/アストラガロイ(複)は羊のくるぶしの骨をサイコロのように転がして得点を競うゲーム。
神話上の人物パラメーデースがトロイ戦争中にギリシア人に教えたとされる説や、エジプトのトート神が発明したという説があります。

昨年末ローマの大理石像をベルリンに見に行きました(写真3,4枚目)。
それはアストラガロイで遊んでいる様子が彫刻された子供の墓石。亡くなった子供がよく遊んでいたものなのでしょう。
服をはだけさせて熱中していたはずの子供の視線がアストラガロイを向いておらず、空虚に宙を見つめ、
まるで時が止まってしまったような印象を与えていることに胸を打たれました。

本来アストラガロイは本物の骨からできていますが、
青銅製やガラス製のものもあり、それらは副葬品として埋葬されました。
またギリシア陶器でもアストラガロイを模した容器があることから、
ただの遊びというよりはまじないの意味合いを持っていたと考えることができそうです。

ともに極上品。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s