Greek Tetradrachm of Athena(SOLD)

テトラドラクマ(紀元前479-404)

表:アッティカ式兜をかぶったアテネの守護女神アテナ。兜がオリーブの葉で飾られている。
葉冠で飾られた兜には、前480年のペルシャに対するアテネの勝利記念という意味があると考えられている。

裏:知恵の女神の聖なるシンボルであるフクロウが、翼をたたんだ姿で表されている。
豊かな実をつけたオリーブの枝と三日月。

オリーブはオリュンポスの神々が守護する地域を決めた際に
アテナとポセイドンがアテネの地を巡って争ったことに由来する。
オリュンポスの神々は人間たちに最高の贈り物をした者にアテネを治めさせる事にした。
ポセイドンが三叉の矛で地面を打ち塩水の泉を湧き出させたのに対し、
アテネは槍で地面を突いてオリーブの樹を生えさせた。
乾燥の激しいアテネの地においてオリーブという素晴らしい贈り物をしたアテナに軍配が上がり、
アテナ市民は女神アテネを崇拝するようになった。三日月は夜行性のフクロウの印。
右側の地の部分に「AΘE」の銘。これは「アテネ人の」を意味し、
アテネの貨幣を外国市場に流通させようとしたためである。
これによってアテネのテトラドラクマ銀貨は極めて強力な貨幣の1つとなり、
前5世紀最後の10年間から前1世紀後半までの古代世界を席巻した。

17.15g Extremely fine

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s