Ring with Isis and Serapis

ご注文・お問合せはこちら

リング(1-4世紀 エジプト)

Price: 40,000 yen + TAX

Size: H 2 cm

イシス(左)とセラピス(右)が象られた指輪。

セラピスは歴史的観点で見ると非常に興味深い神で、グレコーエジプト期(紀元前3世紀頃)に
プトレマイオス1世がギリシアとエジプトを統合する手段として、
エジプトのオシリス神をギリシア人化して習合した神。

本来イシス神は冥界の王たるオシリス神の妻ですが、
セラピスと夫婦としてレリーフなどに描かれるようになりました。
この指輪はローマ期のもので、頭にかぶったカラトス(豊穣のシンボルである器)など
細部までよく保存されています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s