Byzantine glass goblet

ご注文・お問合せはこちら

ガラスゴブレット(5-7世紀 ビザンツ)

Size: H 7.9 W 8 D 8 cm

Price: 160,000 yen + TAX

本日でビザンツ最後の品です。地中海東岸のガラス製ゴブレット。
とても薄く軽やかで、脚部が繊細さを印象付けています。
部分的に蛍光色で泡の立ったような模様の特徴的な銀化を遂げており、
明かりを灯すランプとして使われていた可能性も考えられます。
全体的に琥珀色のように見えますが、杯の部分はほぼ無色、脚部に別色の琥珀色を取り入れたバイカラー。

ローマ後期からビザンツ初期には職人が技術を競い合い、
食器、シャンデリア用キャンドルグラス、動物型容器など、
意欲的なガラス製品が作られました。

私も含めて、日本では比較的安価な香油壜が取り上げられることが多いですが、
工芸として優れた作品群の評価は、日本で主流となりつつある銀化の有無だけによる価値基準とは大きく異なります。
技術、用途、希少性、図が入っているものはモチーフ、民族性(ビザンツは多民族国家)、など様々な評価軸があります。

色や形の好みなど、誰にでもわかる美しさから
一歩踏み込んだところに面白さがあるのが骨董ではないでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s