Egyptian bronze Horus

ご注文・お問合せはこちら

青銅ホルス神(紀元前664-332年 エジプト末期王朝)

Size: H 2.9 cm(台座込み H 7.8 cm)

Price: 180,000 yen + TAX

ハヤブサの姿をしたホルス神がエジプトの複合冠
(下エジプトと上エジプトの統合を象徴する王冠)をかぶっています。
これはホルス神がエジプト全体の正当な統治者であることを表すと同時に、
ホルス神と王権の概念が南北王朝時代(紀元前3000年頃)に結び付いていたことを示しています。

青銅が黒く腐食していますが、目の輪郭、閉じた翼の形を確認することができます。
本体の下が短いピンのような形状をしていることから、
ハヤブサのミイラを入れるサルコファガス(棺)の上に立っていたものと思われます。
このようなサルコファガスはホルス信仰、広義での太陽信仰と結びついて動物を埋葬する際に奉納されました。

メトロポリタン美術館 類品

エルミタージュ美術館 類品(サルコファガス)

南北王朝冠・複合冠

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s