Scythian double head plaque(SOLD)

双頭鹿形帯飾板(紀元前7-6世紀 南シベリア)

Size: W 8.3 cm

上半身を鏡合わせにした鹿の意匠。角が繰り返し繋がっています。青銅器時代の終わりから鉄器時代の初期にかけて、地中海地方や西アジアなどで双頭の動物像が見られるようになります。伝播というよりは同時多発のようにその例が点在しており、人間の知の成熟とともに生まれたのかも知れません。

【参考画像】
紀元前8世紀頃 ルリスタン

紀元前7-6年紀 イタリア

紀元前10-7年紀 コーカサス